海外から輸入する際の注意

using smartphone photography

キシロカインは日本国内では販売されていませんので、個人輸入の通販を利用する必要があります。
日本の薬事法では副作用の強い薬や、使用の際に注意が必要な薬は市販できないようになっていますが、海外で安全が確認されている市販の薬に関しては輸入して購入することが認められています。
このことから、海外から輸入する方法をとれば簡単に購入ができるようになっているのです。

ただ、個人でキシロカインを輸入する手続きを行うのは面倒なので、個人輸入の代行通販を利用しましょう。
個人輸入の代行通販とは、面倒な個人輸入の手続きを全て代行してくれるものなので、普通の通販と同じような感覚で薬の購入が可能になっています。
通常の通販よりも商品の到着までに時間がかかりますが、他には何も変わりません。ネット上で注文したら家で待つだけなので、輸入している実感が乏しいといえるかもしれません。
ただ、個人輸入特有の注意点があるのも事実なので、利用前に注意点だけは押さえておきましょう。
まず第一に、個人輸入は自分で使う分しか輸入ができませんので、必ず自分の名前で購入を行い、商品の配送先は自宅にしましょう。配送先が会社などの名前になっていると、転売目的と判断されて税関で止まってしまう可能性があります。
また、転売防止の観点から一度に輸入できる薬の量が決められているという点も覚えておきましょう。この制限があるので買いだめはできませんし、商品の到着が遅いということもありますので、商品の購入はある程度余裕をもって行う必要があります。